DEAR DEA(ディアディア)

MENU

DEAR DEA(ディアディア)

Magazine

  • 趣味・スキルアップ
  • 講座レポート
  • 事務局
  • 武井るみの

受講生インタビュー

<武井るみのさん>のフォトグラファー養成講座 第10期 中京テレビ運営コースに参加した受講生さんにインタビュー!
沢山の発見や、明日から取り組みたい事を伺ってきました☆



C.Mさん


Q.第3回目を終えてご自身にどのような変化を感じていますか?
今はまだ頭が大混乱中です(笑)私は仕事もフルタイムで子育ても8ヶ月と3歳児で毎日バタバタ。それでも憧れのるみのさんの講座をどうしても受けたくて勢いで申し込みました。
第1回目は正直いろんな意味で凹みました。みんなはすっごく素敵な写真を撮るし、私はセンスないし(´;ω;`)、それよりも何より緊張とみんなの写真がすごいだけじゃなく熱量にも圧倒され、るみのさんに聞きたいこと伝えたいことが全然表現出来ず、あれっ??わたし…なんか自分出せてない、こんなんじゃないと。(じゃあどんな性格なんだwwって感じですが笑笑)とにかく凹みました。
でも3回目の講座を終えた今、みんなとも打ち解けて、るみのさんにも話かけやすくなって( *´艸`)、確実に1回目の時より居心地が良くなりました笑。そしてるみのさんに教わった、写真を楽しむこと、たくさん撮ることが徐々にできるようになってきています。
実は受講する数ヶ月前から思うように娘が写真を撮らせてくれなかったりいつも予定通りにいかなかったりイライラすることが多くありました。でもわたしが笑って楽しそうじゃないと娘も楽しくないのは当たり前。当たり前のことかもしれませんがその事を忘れていました。るみのさんの講座を受けて、やっぱりわたしは写真が好き‼︎子供達との時間も大好き‼︎その上でその瞬間を写真に残したい‼︎と自然に思えるようになったと感じています。



Q.講座の中で印象に残ったキーワードや出来事は何でしたか?
3回目の講座で撮影の課題がありました。事前にポートレートについて座学があり、るみのさんから教わったことを頭に入れて意識して撮ろうと意気込んだのですが、撮影場所やポージングなどを夢中で探しているうちに光を読むことを忘れてしまっていたのです。
あれほど座学で光を読めるように!意識して!と言われていたのについ背景やポージングだけに目がいってしまっていました。
その時!!るみのさんが「どぉですか~~?」とわたしのカメラの液晶をチラッと覗き、「なんか、顔色悪くなーい?光読んでる?」と言い、去って行ったんです‼︎(笑) 必死になりすぎていた自分に、ごもっともな事を言ってくれ、ハッと我にかえることができました。残りあまり時間が残っていませんでしたがその後、光を意識した被写体の顔色は全然違いました。
この時のことはとても印象的でこれからきっとこれから先も、光を読む事を忘れないと思います‼︎笑



Q.武井るみのさんを「漢字一文字」で表すならどんな方ですか?
「強」です。るみのさんはいろんな意味で強い方だと思います。メンタル、仕事、に対してとても強い心があって、周りの人に与える影響力も強い。るみのさんのように強く生きてる女性にはやっぱり憧れます。





梶原記子さん
Q.第1回目に比べるとご自身にどのような変化を感じていますか?
今まで赤ちゃんや子ども中心に撮影してきましたが、風景や花、建物、家族など様々な撮影をするようになり、カメラの楽しさがさらに広がりました。マニュアル撮影にも慣れてきましたし、講座で習ったリーディングラインやフレームになる場所はないか探したり、見つかったらカメラのシャッターを切りたくてワクワクしたりしてます。また、カメラ仲間が出来たことで、カメラを持ってお出かけの楽しさが倍増しています。



Q.講座の中で印象に残ったキーワードや出来事は何でしたか?
【センスは育つ!】このキーワードが印象的でした。私はずっとセンスがないことがコンプレックスでした。るみのさんにも型にはまりすぎと良く言われますが、オリジナリティを出すことができない自分が嫌で嫌でたまらなかったんです。今回の講座ではポートレートの基礎や着眼点を分かりやすく教えて頂きました。着眼点を知った上で、『こうでなくちゃいけない。』ではなく、『もっとこんな写真が撮りたい。』『こんな雰囲気な構図を表現したい。』と自分自身を表現できる写真が撮りたいなと感じしました。否定的な気持ちばかり持ちがちが私を、もっと自分の気持ちを表現したり、口に出したりしていいんだと前向きな気持ちにしてくれたるみのさんの言葉、キラキラ輝く同期の皆に感謝しています。



Q.武井るみのさんを「漢字一文字」で表すならどんな方ですか?
「向」ですね。いつもまっすぐに自分のやりたいことに突き進んでいく姿勢、そして私たち生徒にストレートに向き合い、ぶつかってくる姿勢から選びました。私も、るみのさんのように、自分のやりたいことや気持ちを表現できる女性になりたいと思います。







写真:フォトグラファー近藤衣里子