DEAR DEA(ディアディア)

MENU

DEAR DEA(ディアディア)

Magazine

  • 恋愛・パートナーシップ
  • 講座レポート
  • 事務局
  • 平部ゆうな

受講生インタビュー


<平部ゆうなさん>の『恋も豊かさも仕事も全部叶えて、理想のパートナーと最速で結婚する!プレミアム講座』に参加した受講生さんにインタビュー!
沢山の発見や、明日から取り組みたい事を伺ってきました☆




A.Yさん(会社員) 

Q.本日の講座で印象的だったことを教えてください
「結婚は愛の確約ではない」という言葉です。
「女性の多くはプロ―ポーズされたらピーク!に思ってしまう」という解説を聞いた時に少しドキッとしました。正直「結婚とはずっと愛してもらえる約束」「変わらない愛」と思い込んでいる自分がいたんです。
今日平部ゆうなさんが言っていた「愛は変化していくものだから得られるものがある」という言葉を胸に、恋人関係であっても、夫婦であっても、パートナーとの関係は変化していくものとして、どんなときも楽しんでいける自分でありたいな、と思いました。



Q.平部ゆうなさんのブログやセミナーを受けて変わったことを教えてください
私は、平部ゆうなさんの講座に何回か出ているのですが、一番変わったことは「家族」との関係です。
恋愛の事を学びに行ったつもりが、不思議ですよね(笑)
でも、ゆうなさんは恋愛…だけじゃなく「愛の基本」について教えてくれるので、一番身近にある愛=家族の愛を受け取れるようになったのは私にとっても大きな出来事となりました。
実は、過去、素直に家族からの愛を受け取れなかったんです。こう…なんていうか、スネていて(笑)本当の自分の気持ちをちゃんと伝えることができなくて。そんな自分が変われたことが嬉しくて今回もDEAR DEAプレミアム講座を受けようと思い受講を決意しました。





Q.本日の講座でどんなことが解決されましたか?
今、好きな人がいるのですが彼とのやり取りの中で「私は目に見えるものばかり追っていたな」と見直すことができました。日々彼から来るメールに一喜一憂し「今日は反応薄いな…何だか不安だな…」と考えてしまう事も多かったんです。
でも今日の講座の中で「目に見えるものだけが愛じゃない」という解説があり、安心してもっと彼からの愛を受け取れる人になろうって思えました。メールの文面(内容)だけじゃない、彼が私に与えてくれるものはたくさんあることに気づけたんです。一日の中で私のことを思い出し、メッセージをくれたことに感謝だし、愛と感じたらなんだか安心することができました。これからも、目に見えるものだけじゃなく、それ以外の彼の愛を取りこぼさないようアンテナを張れる自分でいたいと思います☆








Y.Sさん(専門職)


Q今日の講座を受けてどんな気づきがありましたか?
「自分が壊されました!良い意味で!」愛についてわかった気でいた自分に気づきました。
つい最近結婚をし、結婚生活のスタートラインに立ったところだったので、良いパートナーシップを築いていくための基礎を学びたいと参加したのですが、想像以上に自分の考え方に大きな変化がありました。私は今まで、パートナーから言われたことで、自分が否定されたと感じた時に「絶対にない!!」と相手の考えを受け入れることを拒み、自分の非を認められないところがありました。
しかし、今回の講座を通し「自分にとって大切なメッセージを教えてくれている」というパートナーからの愛に気づくことができ、「頑固さを改め、自分自身が変わっていこう!」と前向きな気持ちになれました。




Q本日の講座で印象的だった項目や言葉を教えてください。
「自己価値」という概念です。
自己価値とは、今までの経験で感じてきたものすべてから出来上がるのですが、どんなに苦しかった過去にも否定することは1つもないのだと知り、衝撃を受けました。
ゆうなさんが言っていたように、人からの愛情を「プレゼントが何円か」とか「連絡の回数」「ラインの返信の速さ」などといった数字で判断するのではなく、「自分がこれからどんな愛を感じていきたいか?」で受け取っていくと良いことがわかりました。また、オンラインで学んでいたけれど、生で聞いて吸収すると、体感できることは全然違うことも実感できてよかったです。




Q本日の講座の中で明日から実践していきたいことを教えてください。
まず、自分の非を振り返り受け止めていきたいです。
「非を認める」ということを実際にやってみることで、自分にどんな変化が得られるのか?を実感していきたい。今までは、自分が否定されると感情が揺らいできたので、この感情の揺らぎがどのように変化いくのかを感じていきたいです。今回は1回目の講座ということで、次の講座までまず続けてみることで、バージョンアップした自分で次回の講座にも臨みたいです。