DEAR DEA(ディアディア)

MENU

DEAR DEA(ディアディア)

Magazine

  • 仕事・キャリアアップ,心理学・マインド
  • 講座レポート
  • 事務局
  • 長谷川朋美

長谷川エレナ朋美さんセミナーレポート


「手帳は、私の分身であり、秘書という存在」

 

 
10年前から手帳を愛用し、人生における大切なパートナーとして手帳をフルに活用してきた長谷川エレナ朋美さん。そんなエレナさんが、長年の想いと経験をすべて詰め込んで作り上げた、なりたい自分になるための手帳「ビューティーライフダイアリー」を使い、夢を叶えていく手帳活用術を惜しみなく教えていただきました。
 
この手帳の最大の特徴は、バーチカルタイプといって、1日のスケジュールを書く欄が縦長になっており、5時〜24時までの時間刻みで予定を書き込めるになっていること。これを採用している理由として「自分が何にどれくらい時間を使っているかが、一目瞭然だから」とエレナさんは言います。
 
  
 
というのも、今の自分がどういう風に時間を使っているかを知ることが、生きたい未来に向かうための第一歩だからです。今の自分の1日の流れを知ることで、自分がなりたい自分になってくためには、今何が足りてないのか、変えるべきなのか、が見えてくるのだとか。
 
手帳というと、単なるスケジュールの管理、予定の把握のための道具として使ってられる方も多かったのではないでしょうか。いきなり、手帳の新しい使い方を伝授してくださるエレナさんに、受講生さんも前のめりになりながら、話を一生懸命聞いていました。
 
  
 
エレナさんが大切にしている考え方、それは
「夢を叶えるためには、自分の人生の価値観を知ることから始まる」
というもの。
 
・自分はどうありたいのか?
・自分の中にはどんな価値観があるのか?
・何を大切に生きていきたいのか?
 
こういったことを考えていくことで自分と向き合い、自分が求めている「本当の生きたい私の姿」を探していくことが大切だとエレナさんは言います。そしてこのように、自分の価値観を探し続けていると「毎回引っかかる同じようなキーワード・感覚」というものが見つかってくるそうです。
 
  
  
例えば、エレナさんの場合は、
 
・自由でありたいという思い
・クリエイティブでありたいという思い
・型にはまらず、自由に表現していくことが好き
・自分がどんどんブラッシュアップされてどんどん変わっていく感覚が好き
 
こういったものに、生きる中で自分の心が何度も反応したと言います。
さらに同じ「自由」という言葉であっても、人によっては言葉の定義が変わってくるので自分なりの定義を見つめることも大切なんだとか。
 
  
  
エレナさんの話を聞き、受講生の皆さんも、自分の価値観を手帳に書き出して近くの人たちとシェアタイム。他の人の価値観を知ることで自分の価値観を再確認できたり、出会いが広がったりすることもあるとのことで、みんなで楽しく価値観を伝えあいました。
 
「自分のことを知ってると人生どうにでもできる」
「自分の人生をきちんと自分で舵をとっている感覚を掴むと生きるのが本当に楽しくなる」
そんなエレナさんの力強い言葉を受け取った受講生さんたちの強い眼差しからは、大きな決心をしたかのような真剣さが伝わってきました。一人一人の心に大きな勇気と希望を与えてくれたのだと思います。
 
  
 
他にも、
・「時間管理のマトリックス」で予定の優先順位のつけ方を学んだり
・「人生の輪」で今の自分の満足度を客観的に判断したり
・理想の1日と現実の1日を書き出すことで、夢への道筋を考えたり
・夢を叶えていく1日の時間の使い方を具体例を交えながら説明していただいたり
 
「手帳ってこんな使い方あったの?!」と、今までの手帳に対する考え方を覆すべく、とにかく驚きの連続でした。「この手帳をフル活用したら、絶対なりたい自分になれるし、夢も叶えられるよね」と、隣の人とこそっと話す受講生さんの声には、私も大きくうなずくばかりでした。さすが、長年手帳を味方に「なりたい私」を叶え続けているエレナさんが、研究を重ねて生み出した手帳なだけあると、会場にいた誰もが感動したことでしょう。
 
手帳を「自分の理想の人生を自分で創造していくための相棒」として使えるなんてなんだかとても素敵ですよね。本日教えていただいたエレナさんの手帳活用術を活かして、2019年、みなさんが、どんどん「なりたい私」として生きていってくれることが今から楽しみです☆