DEAR DEA(ディアディア)

MENU

DEAR DEA(ディアディア)

Magazine

  • 趣味・スキルアップ
  • 事務局
  • 梅村みずほ

受講生インタビュー


<梅村みずほさん>の“話し方おブスさん”からの脱却3ヶ月レッスン 中京テレビVer.に参加した受講生さんにインタビュー!
沢山の発見や、明日から取り組みたい事を伺ってきました☆




Y・Oさん(歯科医師)



Q.こちらの講座へ参加するきっかけは何でしたか?
年配の患者さんから、ドクターを変えてくれといわれたことが多々あり、信頼できる話し方や説明の方法について悩んでいたから。また話し方が子供っぽい、的を得ないと指摘されたこともあり、辛かったから。



Q.DEAR DEAという環境で受講している印象はいかがですか?
セミナールームとはちがい、カラーバランスの良い洗練された空間で過ごす講座は、とても貴重な経験となりました。余計に緊張することもありましたが、背筋をのばし、集中して、みずほ先生のお話を聞くことができました。またスタッフの方の気配りが温かくて本当に驚きました。



Q.テレビ局でしかできない収録の授業はどうでしたか?
どんな気づきがありましたか?
第五回で中京テレビの屋外でマイクをもち、実際のカメラに向かってレポートするレッスンがありました。今までの私には到底できなかった大きな挑戦。序盤から随分と派手にずっこけてしまいました(^_^;)が、極度の緊張感の中でも声を張りなんとか最後まで話しきることができた。この変化は、自分でも正直驚きました。みずほ先生やスタッフの方、仲間がいなければ、その場を乗り切る勇気をもてませんでした。


Q.この講座全体で得たものを一言で表現してみて★ 
[緊張を身にまとう]ということです。
極度の緊張の中から逃げない、自分と向き合う大切さを学びました。緊張を味方につけることができたら次のステージに行けるような気がしたからです。
単に話し方だけでなく、自分への自信のつけかたや人に対する気遣いも学ばせてもらいました。みずほ先生や日々鍛錬をして日々成長していく仲間をみて、努力されている女性は本当に美しいなと体感させていただきました。後一回が来るのがとても寂しいです、一緒に学ばせて頂きありがとうございました。









中島千遥さん(会社員、食べるトレーニングキッズアカデミー協会(食べトレ)インストラクター)

Q.こちらの講座へ参加するきっかけは何でしたか?
大学を卒業して、営業アシスタントとして働いていました。それまでの職種と違うインストラクターとして活動するようになって、わかりやすく伝えるにはどうしたらいいのかな?という事を考えるようになった時に、みずほ先生が名古屋で講座を開催して下さるという事を知って、これは絶対に受講したい!と思いました。即満席で、キャンセル待ちをしていましたので受講する事ができとてもうれしかったです!



Q.DEAR DEAという環境で受講している印象はいかがですか?
まず、テレビ局という場所が特別な場所で、縁のない場所と思っていましたので、まさかそのような空間で講座を受講ができるなんて!と夢心地ではありました。ただ、それと同じくらい緊張もしていました。場違いかなとか。でも、スタッフのみなさんがとても明るく、細やかなフォローをして下さるので、適度な緊張感も持ちつつ、それ以上の安心感を持って受講できています。そして、スタッフの皆さんがキラキラしてるのも印象的です。



Q.テレビ局でしかできない収録の授業はどうでしたか?
本物のカメラで自分の話している姿を撮って頂けるという貴重な体験は本当に素晴らしかったです。
受講を決めた時から「収録」があるというのは知っていて、自分にできるんだろうか?という不安な気持ちがあったんです。でも、講座を受講し、回を重ねるごとに「人前で話す事」に対してのハードルが下がってきたこともあってカメラを前にして緊張はしたものの、出来不出来は置いといて(笑)「こんな機会って絶対にない!レポーターになりきろう」と思える自分がいて、とてもびっくしました。



Q.この講座全体で得たものを一言で表現してみて★
[自分で自分の限界を決めない事]を学びました。
みずほ先生は「苦手だな、できないと思っている事でも、挑戦してみたら、実は向いていたり、案外できるじゃんと気づく事もありますよ」「転んでなんぼです」と講座の中で何度か仰っていました。それをお聞きして、発声練習や声の使い方等のスキルは訓練や練習で身につくものだけど、話す事に対する意識を変えることができるのは自分なのだという事を実感しました。