DEAR DEA(ディアディア)

MENU

DEAR DEA(ディアディア)

Magazine

  • 恋愛・パートナーシップ
  • 事務局
  • 平部ゆうな

平部ゆうなさん①日目講座レポート


「この講座では、頑張ってメモをするよりも、心の感覚を大事にしてくださいね」と、受講生さんに向かって微笑む平部ゆうなさん。

講座というと、講師の話を一生懸命メモを取り、学んだことをあとから実践する形のものも多いと思うのですが、ゆうなさんの講座は、受けながら、まさにその瞬間瞬間に感じたこと、今の心の変化を大切にします。そしてその変化を「今ここで」感じていく。そんな【実践型の恋愛講座】なのです。ドキドキわくわくを胸に、いよいよ本日の講座のスタートです!



「みなさんにとって愛とはなんですか?」

スタート早々、直球の問いかけに、言葉を詰まらせる皆さん。
「否定せずに話を聞いてくれる時に愛を感じるかなぁ」そんな講座生の声に「じゃあ否定されたら愛されてないってことかな?」とゆうなさん。
「うーん、それは違うな、えーなんだろう。」迷いながらも一生懸命考える受講生さん。私もこの質問に対し
「愛とは何か」改めて聞かれると難しいな…??と感じていました。
人は潜在意識の中に必ず自分なりの「愛ってこういうものだよね」という定義を持ち合わせており、常にその定義に沿って生きようとするのだと、平部ゆうなさんは受講生へ話します。


「例えば目に見えるものや数字で愛を判断してしまう時ってありませんか?」
◆会える回数が多いと愛されてる
◆プレゼントの金額が高いと愛されている
といった感じです。実は過去の平部ゆうなさんは、こういった目に見えるものでしか、愛を感じれなかった時期があったそうです。

ここで、改めて考えてみて欲しいのが
◆会える回数が少なかったら愛されてないのか?
◆プレゼントの金額が低かったら愛されていないのか?
ということ。
受講生の皆さんも「本当の愛とは何だろうか?」今まで持っていた、ずれた愛に対する考え方を整理し、愛という概念について共に深くじっくり考えていきました。
愛がうまくいかないときは、自分の中の「愛する能力の問題」であり、彼のせいでも親のせいでもありません。この時間は平部ゆうなさんから愛を育む時に必ず通る「愛の4ステップ」パートナー関係がうまくいかない時に起きている「4種の愛の勘違い」といった概念など、きちんと愛を育むための正しい知識を学び、正しい順番で愛を育てることの重要性を教えていただきました。




「結婚とは育み合うもの」そのために必要な事とは?
午後からは「結婚について」踏み込んでいきました。
パートナーとの幸せな結婚に憧れる講座生のみなさんに「そもそも結婚とはどの場面のことを呼ぶのでしょうか」と問いかける平部ゆうなさん。
「プロポーズをされた時…かな?」
「婚約した時かな…」
「結婚式を挙げた時とか…?」
と思い思いの言葉を呟く講座生さんに、
「その一瞬の場面が本当に結婚なのかな?、本来自分が本当に得たいのは、この瞬間だけなのかな?」
と鋭い質問を繰り返します。

こういったやり取りを受講生さんと繰り返し結婚とは何か考えていきました。
「結婚とは育み合うもの」だと平部ゆうなさんは言います。そしてこの育み合う過程では、まず自分の器を満たしていく事が必要になるのだとか。
自分の基盤がない状態で、誰かと育む関係は作ることができず、依存になってしまうケースは少なくありません。本当に良いパートナーシップを築くためには「自分が自立しており、幸せであること」が前提として最も大切だそうです。
「自分と結婚できるくらい自分を愛すこと」
そんな衝撃的な名言とともに、「自己愛」「自分を愛する方法」について学んでいきました。


結婚とは「同じ船に乗ることではなく、別々の船で同じ目的地に向かうこと」。
自分を心から愛し、自分の人生を100%自分で作っていることを自覚し、自分自身が変わっていくことで、パートナーを変えようとしなくても、未来はちゃんと変えていけるのです。そんな深いお話に、講座生の中にはうっすら涙を浮かべている人も。過去の自分や今の心情を見つめ、本当の愛や結婚について、自分の心に引き込むことができたのではないかと思います。


いいパートナーシップを築くには自分を愛し、自分を大切にすること。
後半戦では「自己価値を高める」というテーマで、自分について見つめなおしていきました。自己価値とは、自分が生きてきた過程と経験の全てを含めて作り上げられるもの。この自己価値を理解することは、パートナーシップを築く上で重要になってきます。

「【パートナーは自分の価値をわかってくれているから、私のこと好きなんだよね?】というのは、大きな勘違いです!自分から伝えなければ、伝わりません。」そう断言するゆうなさん。

自分がわかっていない自分の価値を、パートナーがわかってくれるだろう、と思ってしまう人が多いのですが、この考え方では「信頼しあえる良いパートナーシップ」を築くことは難しいのです。だからこそ、まずは自分で自分の価値を知り、自分で受け取ること、それをパートナーと共有していくこと。そのためにまず、自己価値を高めるワークを一緒に取り組んでいきました。





ワークの中で、自分の大切にしているものを棚卸し、それぞれが書き出していったのですが、出てきた価値を見ながら「素敵〜!」「意外!いいね!」と嬉しそうに声をかけるゆうなさん。「私ってこんな価値があったのか〜」と受講生同士話し合いながら和気藹々とワークを進めていきました。
パートナーに対して、誰もが心底にあるのは「私のこと大切にして欲しい」という思い。だからこそ、あなたが努力すべきところは、思い通りに行動してもらうことではなく、「大切にしてくれてる」という感覚を受け取ることなのです。
そのために、自分の価値を知り、自分を愛し、自分を大切にすること。満たされたい感情を知り受け入れることなんです。

みなさんは【自分の価値】に気づいていますか?

全3回の今回の講座。初日から大きな心の変化が感じられたのではないでしょうか。
次回はどんなことを学べるのか今から楽しみですね!