DEAR DEA(ディアディア)

MENU

DEAR DEA(ディアディア)

Magazine

  • 恋愛・パートナーシップ
  • 講座レポート
  • アンバサダー
  • 青山せり奈

まほまほのDEARDEA講座♡潜入!!



「よろしくお願いします〜!!」講座前に控え室にご挨拶させていただいた際、とても愛嬌のある素敵な笑顔で迎え入れて下さったせり奈さん。第一印象は、知的で女性らしい、そしてお茶目な雰囲気でした♡


(きっと彼女が身を包むファッションの影響もあるんだろうなぁ)
そう思いながらこの日のせり奈さんのファッションを見ると・・・コンパクトなグレーのノーカラージャケットに落ち着いたピンクのシンプルブラウス、スカートは清潔感のある白で、適度にラインが出るタイトな膝丈。そして足元はシンプルだけど女性らしいヒールパンプス。



恋愛のプロからお話を聞く機会ってあまりないので、この際・・・と思い切って聞いてみました。
「今日の私のファッション、男性目線でどうですか?」
「ちょっと甘すぎるかな〜。ブラウスの袖先はこれよりももっとシンプルな感じの方がいいですね。あと・・・ちなみにどんな男性が好きですか?それなら、・・・」


こちらの聞きたいことに対して具体的な掘り出す質問をし、次々と詳細な改善点が出てくるせり奈さん♡
すごい・・・そんな視点で洋服を選んだこと、ほぼない!!特にここ最近は自分の好きな服を着るのみ!!笑
モテる女性は、自分を客観視して、更に男性目線で細かいディティールまで気を配っているんですね〜!!
ありきたりな表現ですが、この女子っぽいドキドキ感、なんだか新鮮だ^^






さぁ!いよいよ講座スタート!生徒さんが緊張の面持ちでお部屋に入ってきます。
せり奈さん「今回はテキストをDEAR DEA用に作りました!!」
ティファニーを思わせるブルーグリーン色のリボンが大きくプリントされたテキストを手にした受講生の皆さん。これからどんなお話が聞けるのだろう♡2日間のクラスでどんな自分に変われるのだろう♡と皆さんの表情が一気に明るく輝きます♡全国にファンが多いせり奈さんだけに、この日集まった生徒さんは東海地域のみならず、東京、福岡、そして北海道からも。すでに継続講座を卒業された方々も何人かいらしていて、熱烈な支持を集めている様子が見てとれます^^



最初の自己紹介の時、早速ちょっと珍しい項目がありました!!
「お名前とお住まいと、お仕事、そして今の恋愛状況をお隣の方とお話して下さい。」
自分の恋愛状況を初めて会う人に伝えるなんて、ちょっとびっくりですが・・・
そこは皆さん、真剣に自分の恋愛と向き合うために来ているので、初対面でも最初からスラスラと状況を説明されていきます。扱う内容が恋愛でも、「学ぶ」姿勢はとても前向きで真剣そのもの。
この光景に、冒頭から心を打たれる私でした。

今回潜入した講座も、本当に盛りだくさんなアドバイスばかりだったので、一部私が印象的だったことを中心に講座の内容をお伝えしますね^^
5%の「いるだけで天然モテ女」と、95%の「普通に可愛い一般女性」では、戦い方が違う!!
どの学校でも、すごく目立つモテる女の子っていましたよね。そんな、存在しているだけでモテる天然モテ女と、普通の女性とでは恋愛の時のアプローチの仕方や戦略が違う、というお話がいきなり出てきました。


天然のモテる人の行動を単に真似をしても、効果がない。せり奈さんは、この95%のごく普通の女性が恋愛でいかに本命の女性として選ばれるようになるかということを、数字やデータを駆使して非常に分かりやすく説明していきます。祇園でのホステスの経験を生かして実践的なコミュニケーション方法を、大手企業で営業力を磨いた経験を生かして相手のニーズに応じて自分の上手なPR方法を学べる。
恋愛の講座は数あれど、この実践的かつ説得力のある内容はせり奈さんならではですね。




恋愛の課題は魅力の底上げでほぼ解決する
「恋愛は出逢ってからでは遅い!!
出逢う前に、好みの男性に見合う自分になっておくことが大事!なんです」
文字にするとシンプルだし確かにそうだよねと思えるのだけど、仕事に忙しい日常を過ごしている働く女子にとっては、これって結構難しい。でも(出逢った時にすでに勝負が決まっている!)と思うと、やっぱり普段から意識して自分を高めておかなければ!とグサリと来ました。





営業力を磨く
会社員時代の営業のお仕事の経験を生かして、仕事と恋愛に共通する営業力の大切さを分かりやすく解説してくださいました。「売れる営業マンの特徴とは何だと思いますか?それは、自社商品とクライアントのニーズが把握できていることです。」
例えば、化粧品売り場の売り子さん。
リップを買いに行く時、一口にリップといってもたくさん種類あります。
そんな時、デパートの売り子さんは、いきなり今売りたい商品をオススメしません。
お客様のニーズを察知して、それに応じた商品をオススメしますね。
このことを恋愛に置き換えると
「自分のことを知って、彼のニーズも知っている」ということ
つまり、自分の魅力をよく分かっていて、彼の女性に対するニーズも分かっていることが大事♡なんですね〜^^
自己分析とニーズ調査をしっかりとし、自分のどんな魅力を伝えると、相手に伝わるのかを考える。「ただの可愛い子、いい子だと本命になりにくいんです。」差別化するためにも、まずは自分の強みを知って、相手のニーズに合わせて的に当てにいかなくてはいけないわけですね。一口に男性といってもいろんなタイプがいますよね。相手によってどんなポイントが心に刺さるかが違ってきます。
だからこそ、相手によって何をアピールていくかを変えていくことも求められるんですね!!





ダメなところ=隙も見せる
ここでも「営業力」という切り口からのお話が続きます。営業力のあるビジネスマンは、良いところだけじゃなくて、ネックポイントも伝えるそうです。
続かない営業は、盛る営業。「うちに入ったら絶対うまくいく!」とは売れる人は言わないそう。相手次第でもあることをきちんと伝えて、納得してもらうことが大事なんですね。
ここでも分かりやすい例が登場します。
化粧品で、◯◯会社のマスカラ下地はとても素晴らしくていいけど、ネックポイントは落ちにくい。その場合は、その短所まで伝えて、お客様に納得して購入してもらうことが、良い売り方ということですね。
確かに、買い物する方の立場になると、良いところだけ聞いて買って、使い勝手が悪かったりすると、苦情の原因にもなります。
これは恋愛でも同じこと。=いい女コミットをし過ぎない!自分のダメなところも含めて好きになってもらう!ってことですね。完璧な女は隙がないから男性を疲れさせるらしいです。「優等生は愛されないし、面白くない。」ビシッと締めるせり奈さん。
(隙をどう作るか・・・それもまた難しそう)なんて考えている時点で
私は優等生で面白くないタイプなのかも・・・。汗






自分を知る、相手を知る
まずは、自分自身の過去の経験や、未来の何にフォーカスしているかという視点から、自分の棚卸しをすること。これって、就職の時に自己分析をするのと似ていますね。そうやって自分のメリット・デメリットを知ることで、初めて相手にもわかってもらえるように伝えられる。
そして、自分を知るだけでなく、相手の人生のストーリー(家族関係・小さい頃からこれまでの経験)を知ることで、その人の「常識」をイメージする。
人の常識は、中高・大学・社会人あたり、特に社会人で出来上がっていくので、そのあたりをリサーチした上で、
「彼の常識を自分の中に入れる!!」んだそう。
こうあるべき、という価値観が同じ人は(この人は話が合うな。)と思われやすい。そう思われるためにも、事前準備が大切ってことですね。
更に、「彼にこういうことを言われたら、こう返す」というリアクションを決めておくといいんだそう。
ここまで来ると、就職試験を受ける前に会社を事前調査するみたい・・・
もう、私には新鮮すぎて、頭がクラクラしちゃっていました!!





イベント対策、イベント当日
最後に12月も近づいて来たこの時期ならではの話題です。
イベントに向けてのコミュニケーションの取り方対策(メッセージのやりとり例)や当日のお洋服の対策についてなど、超実践的な内容なだけあって、受講者の皆さんもより一層真剣味を増して耳を傾けます。
そして皆さんの質問がまた具体的!!今日はせり奈さんのお話を聞いてこんな感じの服装にして来たんですけど、どうでしょうか?などと、その場でファッションチェックも始まります。本当に皆さん真剣に向き合っていて素敵すぎる♡


洋服については、せり奈さんから「服はマーケティングです」との名言が。
「男性は大人っぽくてシンプルで抜け感のある服が好きなんです。」
と言いながらせり奈さんが見せてくださったのは、なんと自前の冬服コーディネートの写真!!
しかも1枚だけじゃなくて、カジュアルなパンツスタイル、上品スカート、ワンピースなど、バリエーションが出てくる出てくる・・・。
この日のためにいくつか撮影をしたそうで、せり奈さんの受講生に対する愛情がヒシヒシと伝わってきました♡男性と女性とでは、幸せに感じるポイントが違う。
最後に、恋愛における男性と女性の脳の違いについて、とても分かりやすく表にして説明してくださいました。女性は、愛される・尽くされるということに対して幸せに感じるけれど、男性は逆に、愛する・尽くすことに幸せを感じるとのこと。
ということは、男性には、エスコートはさせてあげることが大切!!
女性があれこれと世話を焼いてしまっていては、男性の「してあげたい」という幸せを感じるチャンスの芽を自ら摘み取ってしまっている、ということなんですね〜。
日常的に男性には「してもらう」ための筋肉を鍛えることを意識する。
→結果的に本命として大切にされる

どんな人間関係でも、してもらったことに対して素直に嬉しそうに「ありがとう!」と伝えることは、愛されるポイント。今日は恋愛に効く実践的なお話をたくさん聞きましたが、やっぱり人として基本的な素直さや愛嬌を相手に分かりやすく伝えることは、きっと時代や世代や性別を超えて万能なんだよなぁと、最後に大納得しました。


恋に悩む女性がすぐに行動に移せるようなお話をたくさん聞かせていただいたせり奈さん、ありがとうございました♡