DEAR DEA(ディアディア)

MENU

DEAR DEA(ディアディア)

Magazine

  • 恋愛・パートナーシップ
  • 講座レポート
  • 事務局
  • 青山せり奈

青山せり奈さん①回目講座レポート


クリスマス、年末年始と言えば、イベントも多く人恋しくなる季節。しかし、甘いカップルのイメージで乙女の妄想が繰り広げられる中現実は違うらしい。
今回その本髄を教えてくれるのは青山せり奈さん!なんとこのクリスマス~年末時期というのは一番別れるカップルが多いんだとか。
今日は、そんな年末にかけて「男性に選ばれる本命女性」になるためにも緊急講座を開講!!
題して「クリスマス前の本命女の欲張り合宿!」!!




営業力と恋愛力はとっても似ている!
「まず、売れる営業マンってどんなイメージがありますか?」と集まった受講生へ声をかける、青山せり奈さん。
受講生の皆さんは
「ちゃんとヒアリングできる人・・・?」
「お客さまの想いを引き出せる人かな」
「コミュニケーションの上手い人だと思います」
と様々な意見を出していました。
答えはたった2つ。
【①自社商品の理解と、②お客様のニーズが把握できている人】だとせり奈さんは言います。



化粧品カウンターに行けば「どんなものをお探しですか?」と聞かれる所から始まり、商品の説明(強みや他社との違い)を聞いて、それに納得するから商品を買う。みたいな流れですよね。

恋愛も同じです。


①自社商品の理解つまり自分という商品を自己分析で理解して、
②お客様のニーズつまり男性の求めるものを引き出し、常に求めるものを差し出せる人になれば、
必ず結果に結びつける事が可能なのだそう。
みなさんは「自分」という商品(存在)を説明できますか?…ちょっと自信がないという人はまず、ノートに自分の棚卸をするといいそうです。
■自分の魅力は?
■自分の好きなものは?
■自分の趣味は?
これを普段から仕分けておくことで、男性との会話で困ることがありません。即・相手好みの会話を当てることができるようになる、と青山せり奈さんは話します。




ここで【例】を交えて分かりやすく解説してくれました。
例)あなたの目の前に3人の男性が現れたとします。
■Aさん→あなたの過去の話に興味がある
■Bさん→あなたの仕事に興味がある
■Cさん→あなたの飼っているペットの話に興味がある

などなど、男性によって会話の好みは違うはず。その瞬間・そのクライアント(男性)ごとに相手が興味のある言葉や話題を差し出せる女性こそ「選ばれる女性」の第一歩なのです☆





いい女コミットをしない
しかし、ただ、ただ、いい所ばかりを見せて完璧に相手にフィットさせることはダメ。
「デキる営業マンは【ネックポイント(ダメなところ)】も、ちゃんと説明できる人なんですね」と青山せり奈さんは話します。
つまり、自分のダメな部分も見せて、その部分も理解して納得して選んでもらうことがとても大事なのです。
「盛る営業さんっていますよね。【絶対うまくいきます】【○○なら大丈夫】【完ぺきにやれます】など言い切ってコミットしてしまう人。お店ではこういう人イヤだな~って思うのに、恋愛では意外とやってしまっている女性が多い!」という解説を聞いてレポを書いている私もドキっとしてしまいました(笑)
そういう女性も多いのではないでしょうか。




最初から自分の価値を盛りすぎて「いい女コミット」をしすぎてしまうと、正しい関係が作りにくくなり上手くいかなくなってしまうことをお忘れなく。
いい恋愛をしたいなら、ダメなところを見せる勇気が大切。いいところも、悪いところも納得した上で「一緒にいたい」と彼に選ばせることができたらそれが本物です。
とくに「頑張り屋さん」な女性ほど男性にダメなところを見せてはいけない、と思いがちですが、その考えを180度、今すぐ変えましょう。

完璧な女は疲れるし、スキがなく、好かれない。
「少しドジなとこがあったり、ダメなところがあっても笑顔で「えへへ♡」って言える人の方が人間見味があっていいですよね、私もいっぱいダメなところあるもん~~~」と語るせり奈さんの言葉は何だかとても安心感がありました。

「①の自社商品=自分を知るために強みも大事だけど、弱みも同じように大切に扱いながら分析してほしい」というせり奈さんの解説は大きな気づきとなりました。





クリスマス目前!使える具体策が盛り沢山!
いよいよクリスマス時期に押さえておきたい「具体策」を受講生の質問も交えながら解説の時間となりました。いくつか出ていた質問とせり奈さんの回答をご紹介します☆


◆気になっている人がいるのですが、クリスマスにデートに誘ってもいいですか?
せり奈さん)
→温度感によります。
付き合いそう、な雰囲気であればもりあがること間違いなしですが、
まだそこまで相手の好意がわからない場合はデートのハードルを下げてお誘いしましょう。
2人きりでいきなり提案すると重いため、「友人も呼んでパーティしようか」など軽い感じがおすすめ。
そうすることで一緒に過ごせるかもしれないし、好意があった男性は「2人きりがよかったな」と気持ちを
高めるきっかけになる、とのこと。



◆クリスマス時期にありがちなプレゼント問題について。おねだりしていいものなんでしょうか?

せり奈さん)
→プレゼント交換する気配が男性にない場合は女性から気軽に「プレゼントどうする~?」と聞いちゃいましょう。「そうだな~」と、彼がリードしてくれる場合は任せたらいいのですが、リードしてくれない場合は
「私ね、あなたが前気になっていた○○をプレゼントしたいなって思うんだけどどうかな~?」とお伺いを立てましょう。
そこまで言ったら、さすがに「じゃあ○○ちゃんは何が欲しい?」と聞いてくるはずです。
ここに「男性から言ってもらいたい」という変なプライドは必要はありません。うまくいく女性はお伺いを立て、相手に許可をどんどんとれる女性なのです。



◆今年のクリスマスこそ結婚を意識させたい!!

→せり奈さん)
イベントは深い会話をするチャンス!
クリスマスにプロポーズをねらいたい、結婚の話をしたい。という女性も多いでしょう。
ガヤガヤしている場所では男性も気が散ってしまい、あまり真剣に話を聞いてくれません。
クリスマスデートが終わったら静かな場所で。そして交渉をしていく、というスタンスを忘れずに。
いきなり深刻に「ねぇ結婚はいつ考えている?」という重い会話ではだめ!「私ね、○○くんと●月までには結婚できるといいな~って。○○くんはどう思う?」とすりあわせていくような形で会話しましょう。
「あなたのスピードを乱すつもりはないよ?」と明るい感じで切り出せば彼も応えやすいはず。
未来への一歩を踏み出したいなら会話の切り出し方に気を付けましょう。



デート服はマーケティング



デートで同じテイストの服を毎回使うことはやめましょう。ホステスは常連のお客様へ同じドレスを着る事は厳禁なのだとか。恋愛でも彼へ「自分=様々なバリエーションを持っているんだよ」とドキドキさせるのは非常に重要なのだそうです。
ちなみに、女性が好む「キラキラ系」「かわいい・ラブリー系」は男性にとってNG!世の男性陣が好きなのは「上品」で「シンプル」なもの。ほどよく女性らしいラインや、品のある素材等で勝負することが基本!と、青山せり奈さんは口を酸っぱく何度も受講生へ繰り返していました。
ここで、青山せり奈さんから、実際につかえるデートファッションの紹介が★


◆思わず男性が触りたくなる素材・ふわふわオフショルダーニットはかなり使えます。
「気持ちいい素材でお気に入りなの、ほら触ってみて」とさりげないスキンシップも図れるすぐれもの★


タイトスカートは女性らしいラインをアピールできるので黒・白は持っておきましょう。


ストッキングは透け感重視!タイツは生活感がでてNGです。寒くても対策を練ってがんばりましょう。


カーディガンの肩がけは彼の目の前でわざわざ行うべし!脱ぎ着する行為で男性のドキドキを高めることができます。


◆お嬢様アイテムでワンピを用意するならできるだけシンプルでラブリーすぎないものを選びましょう!
 

…などなど、ここでは、「あ~~!」「なるほど~~」という受講生の声が続出!ただのデート服ではない、戦略的にすぐ実践したいテクニックが目白押しでした☆
その後もせり奈さんが実際に持っているアイテムブランドを聞いたり会話がとまらない(笑)




今回のクリスマス前の本命女の欲張り合宿は2DAYなので止まらない質問たちも明日聞くことができます☆
皆さん沢山の学びがありましたね!!