DEAR DEA(ディアディア)

MENU

DEAR DEA(ディアディア)

Magazine

  • 仕事・キャリアアップ
  • 講座レポート
  • 事務局
  • 鈴木実歩&笹木郁乃

鈴木実歩さん&笹木郁乃さん②日目講座レポート vol.2

メルマガを使ったダイレクトレスポンスマーケティング術

 
 
「メルマガ=江戸時代のお客様台帳みたいなもの」とは実歩さんから。
火事の時に必ず持ち出すくらい、大切なものだったそうです。
 
メルマガを活用するとどんないいことがあるのか?
それは
売りたい商品のプロモーションの成功確率を確実に上げられること
 
SNSは拡散力が高く、広がるスピードが早いけれど、みんなが興味を持ってくれるわけではないので、興味を持ってくれている人に情報を届けられる確実性が低いんですね。
 
それに比べてメルマガは、自分に興味があるから登録してくれるので、その人たちにダイレクトに情報を届けることができるのです。
 
お二人の集客力は、
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)=メルマガ
に大きな鍵があるようです!!
 
  
起業初期の方は、まずはFacebookやインスタ、アメブロなどの間口を広げて認知を広げることが大事。Facebookの友達数が50人と5000人とでは、同じことを発信しても圧倒的に届く人の数に差が出ます。
 
知らない人に友達申請するなんて・・・などと億劫に思う人もいるかもしれませんが「ネットを使う限りは、私たちはその強さ・影響力を理解して活用しなくてはいけない!!」これはお二人ともが、口を大にして強調していました。
 
そしてその先に、メルマガで濃いファンや興味のある人に発信していく。
自主的に登録をしてくれた人たちなので、届ける相手にとっても、押し付ける情報ではなく、惹きつける情報になっているのです。たとえ人数が100人でも、顔が見える強みがあるので、1000PVのブログよりも濃く、更にブログの記事のもつパワーも高くなるのです。
 
だからこそ、メルマガとFacebookでは書く内容も違ってきます。
拡散性の強い SNSに対して、メルマガは近い距離感のお手紙としてお渡しをするように、より親密になる感じで書くと良いそうです。
 
SNSは共感のツールだと言われています。
そのためにも、まずは興味を持ってくれた人たちに自分の価値観を共鳴させる。
その先に、大きな集客や、商品の販売があるのですね。
 
 
講義の前半でも実歩さんがおっしゃっていたことが、ここでも繰り返されます。
画面の向こう側には人の気持ちの動きを想像する感度が大切。
自分が行動するときに、常に顧客目線で考えるくせをつける。
 
「私たちは何からも学ぶことができる。自分がなぜそれを買ったのか?まずはお財布を開く度に、自分の気持ちを観察するようにしてみて!」
 
本当に、その視点を持つだけで、きっと見える景色が随分違ってくるはずですし、自分のビジネスに活かせるヒントは、日常にたくさん転がっていますね。
 
 
 

これからの未来を明るく照らしてくれた、道標のような講座

 
3年間苦しみながらお二人が築いてきたことを、2日間にぎゅっとまとめたこの講座。これを地道にやっていくだけで集客に成功できるって、本当にすごいですよね!!365日×3年×2人=5474日分の重みが詰まった濃い内容。
 
することはとてもシンプルだけど、継続するのが難しいと感じることもあるかもしれません。
 
でも、起業の成功に魔法みたいなことはない。
何もせずに成功した人はいません。ベーシックなことを地道にやってきたことが雪だるま式に膨らんで行った結果が、今見えるお二人の、成功されている起業家たちの輝きなのです。
 
実歩さん「台風ありがとうって感じ!1ヶ月の変化を見られて逆によかった〜!!こうして皆さんと出逢えたことに感謝します!!今日からお財布開く度に自分の感情の動きを観察してね!」
 
郁乃さん「実は裏では上手くいってなくても、地道にしぶとくやっていきましょう!!仲間同士との相乗効果や口コミ、ご縁を大事にしてほしい!!」
 
そう力強いメッセージを最後に残し、熱い熱い2日間の講座の幕が降りました。
 
  
講座が終了した時の受講生の皆さんの、清々しく明るい表情が忘れられません。
この1ヶ月の熱く濃い時間で、参加者の皆さんの描くビジネスは、霧がかかったような不安から明るい希望を未来に抱けるものとなったことでしょう。
更なるみなさんのステージアップを祈っています!!