DEAR DEA(ディアディア)

MENU

DEAR DEA(ディアディア)

Magazine

  • その他
  • 事務局

アンバサダー読書会~①まほまほ編~

DEAR DEA世代の女性たちが自分を更新し続けるのに欠かせないアイテムといえば本。
自分の求める答えを、自分のペースで読み進め、心の栄養に変えられる重要なアイテムです。
DEAR DEAアンバサダーの皆さんは普段どんな本を読み、どんな影響を受けているのでしょうか?
読む・語る・発見する!アンバサダー読書会、今回のテーマは【大切な人と読みたいワンフレーズ】です!



まほまほが想う大切な人は
「私のクライアントさん♡」

事務局えっちゃん
ーそもそもみんなにとって、「大切な人」って誰を思い浮かべました?友人、恋人、家族…色々なとらえ方ができるよね。


まほまほ
ー実はね、私が即座に浮かんだのは「私のサロンに来てくれるクライアント様」だったの!
本当に良い方ばかりで「まほこさんの生き方に共感してます」「元気をもらっています」と言って下さる度に心から嬉しくて、幸せを感じるんです。


のん
ーそれって言われて、めちゃくちゃうれしいセリフ~!

まほまほ
ーそうなの!皆さんの愛情に毎日感謝の気持ちでいっぱい!。
そんなクライアントさんと共有したい私が選んだワンフレーズは、
宮本佳実さんの書籍【大丈夫、あなたは「好き」を仕事にできるから】に書いてある「あなたの生き方が誰かの未来を変える」という言葉ですね。

         


私ね、昔っから1つの事を極めるのが苦手なタイプなんですよ(笑)
興味あることを次々に行動したり、夢中になれるのが私の長所でもあるんだけど、色んな道のプロを見るたびに「自分、中途半端だなぁ」「私はプロとは呼べないからダメなのかな」と自信を失っていた時期もあったんです。
 

ただ、メンターである宮本佳実さんを見て、私がしたかった働き方はこれだ!ってピンときたんです。 
「相手に働きかけてスキルアップさせるやり方」だけが仕事じゃなく、
「自分自身が充実した生き方をして、その姿を見てもらうことで相手の情熱へ点火させる・インスパイアを与える」っていう働き方もあるんだって勇気をもらったんですよね。 


そもそも、私は世の中の人にどんな未来を見せたいのか?って考えたら「元気を届けたい」っていうのが根底にあって、プロとか一流にこだわることではなかった!って気づいた時【自分らしさ】を取り戻せました。
 
今では私の活動を見て
「まほこさんのチャレンジに勇気をもらいました」
「まほこさんを見て私もできるような気がしてきた」
というお客様が増えてきて、エネルギーが循環されていってるのを実感しています。




のん
ーえ~~!めっちゃいい話~~! 
「自分の生き方が誰かの人生を変える」って私も目指したい部分だからすごく共感するな~!
「○○のおかげで変われた」とか「○○がきっかけになりました」って言われると本当に幸せだよね☆


事務局えっちゃん
ー私はどちらかといえば「1つの事を突き詰めることこそ美!」「そのためには人一倍努力してがんばらないと」っていうタイプなんですが、そこにこだわりすぎていた時は仕事辛かったな~!
その働き方が悪いとは言わないけど、心のスタミナが無くなっていって、努力が楽しめなくなった事もある。
 


のん
ー私たち小さなころから「努力しなさい!じゃないと偉くなれないよ」って言い聞かせられてきた部分は大きいよね(笑) その思い込みに支配されすぎちゃうと辛くなるの分かる。
わたしも器用なタイプじゃないからまほまほみたいに軽やかに行動してる姿って本当に元気をもらうし、これからも世の女性へ新しいライフビジネスモデルであってほしいって思う!



まほまほ
ー私もね、努力はするんですよ♡
でも努力…っていうより「夢中」に変換してるっていう方が正しいかな♡
夢中になって目の前の大好きを楽しむ力の方が、現実を動かす威力がすごい!って確信しているから
夢中=最強です(笑) 


のん・えっちゃん
ー夢中=最強♡ いい言葉、メモだね~!





アンバサダー読書会~②のん編はこちらから~

アンバサダー:まほまほのブログはこちら
記事:DAER DEA事務局(えっちゃん)
写真:Kazumi Tamaki